バックハンドストロークテイクバック!

f:id:yajimakaoru:20181209093532j:plain

おはようございます!

今日は、バックハンドテイクバックについて書きたいと思います。バックハンド両手打ちは、フォアハンドと違い、両方の手で打つため自由に動く範囲が小さく、手首や肘の角度が決まりやすく余計な動きが入りずらいので、比較的フォアよりも安定したショットが打ちやすいといわれています。フォアよりも習得しやすいのが両手打ちバックハンドです。バックハンドが苦手という人は、回り込みフォアが好きだったり、単純に球数を打っていないというのが原因かもしれません。

バックハンドストロークテイクバックのポイントをいくつか紹介します。

1、大きなテイクバックは必要ない。

2本の腕で力を生むことが出来るので、レディポジションからストレートもしくは小さめのサーキュラーで十分パワーを生み出すことが出来ます。手首をたてたり、必要以上に背中の方に腕を動かしてテイクバックしないようにしましょう。フォアと同じようにボディターンを中心に準備する事。無駄のない小さめのサーキュラーで準備する事でボールを打つときの面を作って準備する事が出来るのでスイング軌道とインパクトがより安定しミスヒットを抑える事が出来ます。

2、両腕は軽く曲げておく。

グリップの握り方によっては、テイクバック時に左肘が伸びている選手もいますが、両腕を軽く曲げ打点を体に近づけるほど安定したショットを打つ事が出来ます。軽く曲げていた方が関節を柔軟に使えるのでトップスピンロブやアングルショット、スライスなどショットのバリエーションが豊富になります。肘を伸ばし突っ張った状態でテイクバックすると体から打点が遠くなるので、スイング半径が長くなりパワーのあるボールを打つことは出来るのですが、トップスピンロブ、アングルショットへの移行が難しくなるのです。テニスは、パワーだけで勝負するスポーツではないのでショットのバリエーションを豊富にするためにもバックハンドでは軽く両腕を曲げておくことが望ましい。

3、リラックスする。

良く言われることですが、テイクバック時では両肩を下げリラックスする事が大切。ボールを打つまでにいかにリラックスさせてインパクトの瞬間に力を集中させられるかで、パワーのあるショットを打てるかどうかが決まります。

 技術的なものは、簡単に習得する事もできませんし変える事も難しいです。しかし良いボールが打てるのはそれなりの理由があり、打てないのもそれなりの理由があります。原因を探し修正していきましょう。